ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

野菜の冷凍ピューレ 試作プロジェクト

201732485333.jpg愛知県に住む女子大生、柘植千佳さんとの出会いがあり、KODAWARINという食の開発を応援するサイト内で事業を展開することになりました。

最近農業に味方する動きがあちこちで見られるようになり嬉しいことです。https://kodawarin.shop/projects/捨てられそうな野菜が調理お助けピューレに変身/

桃蕪のピューレでブリしゃぶ鍋

2017117134036.jpgこの時期旬の蕪。最近柔らかくて色のきれいな桃蕪という品種が人気です。実割れや傷などで出荷できないものを蒸してピューレ(ドロドロのペースト状)にし、冷凍のキューブに加工するプロジェクトを進行中です。

今回はブリの一人鍋に仕立ててみましたが見た目も味もなかなかいけます。

 

尾張旭市農学校、夏野菜の定植

2015518181139.jpgトマト、なす、きゅうり、ピーマンの苗を6本ずつ植えました。

お手伝いと違い、自分の責任で管理しなくてはいけません。出荷できるまでにうまく育ってくれると良いのですが。

緊張します。

尾張旭市農学校始まる

201551818448.jpg尾張旭市とJA愛知尾東が協力して今年度から農業者育成のための事業を始めました。

早速申し込み、受講者9名でスタートすることに。

好評売り出し中の桃蕪

2014112293758.JPGJA愛知尾東で数年前から力を入れてる桃蕪。赤蕪と似ていますが柔らかく、辛味もないので人気があります。

年に一度の人参葉のおひたし

20141112223130.jpgにんじんの間引き菜をもらいました。にんじんの赤ちゃんを軸ごとさっとゆでて熟した柿とポン酢で和えて。穏やかなにんじんの香りと風味が柿のとろりとした甘さとよく合って秀逸。出荷されることのない間引きにんじんのおひたしは農家でしか味わえないごちそう。

最近はまってるつるむらさきの

201485211010.jpg葉物が少ない夏の時期に、旺盛な生命力で毎日芽を出すつるむらさき。茹でて細かく包丁で刻むと、モロヘイヤのように粘りが出てつるりとのどごしよくたべられます。私はうずらの卵と醤油で食べるのが気に入ってます。

 

 

 

 

 

201485211757.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑に生えてる状態のつるむらさき。愛知県尾張旭市

茄子畑に水を撒く農園主

20148210472.jpg雨が降らないので茄子に水を撒いてます。タンクに入れた水を軽トラに乗せて畑まで運び、長い長いホースで撒くので、水撒きもなかなか重労働。

 

偶然立ち寄ったクラフト展で超ハイレベル

神戸旅行中に立ち寄った北野工房のまちで、社会福祉法人たんぽぽというところの主催するフェルトのクラフト作品展を見学しました。繊維を重ねて絵のように平らに並べ、縮絨加工してフェルトの作品に仕上げるようですが、切ったり縫ったりせず、直接バッグや衣服に仕立てるところが面白く新鮮でした。その仕上がりの見事さはパリやミラノのコレクション作品かと思うほどです。

 
2014728185812.jpg

こんな素敵なストールみたことない

2014728185922.jpg

色も形も制約にとらわれない

201472819017.jpg

その作業風景は天から降りてくるものを紡いでいるように見えました

 

 

トマトLOVE

私がお手伝いしている尾張旭市の農家さんはトマト作りが上手くて地元の産直売り場でも評判です。

売り物にならない2等品のトマトを頂いたので今日は鯖のトマト煮にします。中央のゼリー部分がきれいな緑色でぷるっとしてて料理しながら口に入れたくなってしまいます。レシピのコーナーにもアップしますので御覧ください。201471320218.jpg

ページ上部へ