home

コラム

農業2年目 悪戦苦闘

農業2年目 悪戦苦闘
暑さと戦いなんとか冬野菜を定植したら、今度は虫との戦い。 プチヴェールは出だしから怪しい。キャベツ、トレビス、頑張れ!

まんま菜を使った食イベント

まんま菜を使った食イベント
日進市民会館すぐ近くのおもしろスペース、kibacoでワンデーシェフをやります。 野菜ピューレまんま菜 トマトを使ったカレーと芽キャベツ、蕪、にんじんのピューレを使ったサイドディッシュのセット。 当日まんま菜の販売もいた…

桃蕪のピューレでブリしゃぶ鍋

桃蕪のピューレでブリしゃぶ鍋
この時期旬の蕪。最近柔らかくて色のきれいな桃蕪という品種が人気です。実割れや傷などで出荷できないものを蒸してピューレ(ドロドロのペースト状)にし、冷凍のキューブに加工するプロジェクトを進行中です。 今回はブリの一人鍋に仕…

尾張旭市農学校、夏野菜の定植

尾張旭市農学校、夏野菜の定植
トマト、なす、きゅうり、ピーマンの苗を6本ずつ植えました。 お手伝いと違い、自分の責任で管理しなくてはいけません。出荷できるまでにうまく育ってくれると良いのですが。 緊張します。

尾張旭市農学校始まる

尾張旭市農学校始まる
尾張旭市とJA愛知尾東が協力して今年度から農業者育成のための事業を始めました。 早速申し込み、受講者9名でスタートすることに。

年に一度の人参葉のおひたし

にんじんの間引き菜をもらいました。にんじんの赤ちゃんを軸ごとさっとゆでて熟した柿とポン酢で和えて。穏やかなにんじんの香りと風味が柿のとろりとした甘さとよく合って秀逸。出荷されることのない間引きにんじんのおひたしは農家でし…

最近はまってるつるむらさきの

葉物が少ない夏の時期に、旺盛な生命力で毎日芽を出すつるむらさき。茹でて細かく包丁で刻むと、モロヘイヤのように粘りが出てつるりとのどごしよくたべられます。私はうずらの卵と醤油で食べるのが気に入ってます。   &n…